子どもたちが子どもらしくいられるために。

03.30
2017

25.26日と地元ケーブルテレビ杯のサッカー大会でした。

震災後から毎年 宮城県県気仙沼市のクラブチームを招待して 今年で6年目。近隣の尾張旭市や瀬戸市のチーム以外に 静岡、福井など県外からも参加するチームとの交流試合。

ホームグラウンドが津波で流されて 練習場所もまちまちの中 サッカー大好きな子どもたちは 変わらず頑張っています⚽️

5年生対象のこのイベント。
大地が守山FCに入会してから 心待ちにしていたんです。
気仙沼の子どもたちの ホームスティの受け入れがあるんです⤴
各家庭に1〜2人。わが家♡日頃から 子どもが代わる代わるお泊まりしてるけど 全く初対面の子が来るのはドキドキ。
最近メキメキ上手くなってきたうちのチームもどこまでできるか 久々にゆっくり観れるし\\\\٩( ‘ω’ )و ////あたしがいちばん浮き足立ってる(笑)

初日は スーパー銭湯♨️にみんなで行こう!って話がまとまって 50人くらいで押しかけました(笑)
大人の男性が全くいない中 大騒ぎして迷惑をかけやしないか ママたちはヒヤヒヤ💦

翌日は食べ放題に行ったメンバーと 半分くらいに分かれて あたしたちは仲間のおうちでBBQ❗️
昼からの買い出しも 業務スーパーですんごい量(笑)お腹いっぱい みんなで楽しみました⤴

うちに泊まった子はホントにかわいかったし 花粉症だって聞いて そりゃテルミーしなきゃでしょ!!って 毎晩、毎朝かけてあげました(〃ω〃)気に入ってくれて 超嬉しかったー♡
もちろん最初は ろうそくの火にびっくりしてましたけどね(゚ω゚)

クスリよりテルミーがいいって言ってくれて やっぱり子どもはすぐに体感するねぇ!
自分の子みたいに愛情が湧いちゃうね。

お別れの時は とっても寂しかったけど 二泊三日、貴重でシアワセな夢の中のようにあっと言う間でした❤

ただ1人お手伝いで帯同してきた ママさんがたまたまウチで預かった子のお母さんで。
すっかり仲良くなりました♡
コーチ同士の懇親会🍺で マッキー呼んで!ってお誘いが来たけど 22時過ぎてたし、子ども預かってんのに出ちゃいかんよね、、、💦

試合は負けなしだったけど 得失点差で残念ながら2位トーナメントでトップ🏆大地のシュートも見れたし 大満足の三日間でした!

あぁ、終わってしまったーーー(涙)さみしいなぁと言ってる暇もなく 翌朝から子どもたちが集まって、、賑やかな毎日。

🌸春休みが始まっておりましたね(笑)

 

 

最近子どもたちが見つけた 森に秘密基地を作っているので、あたしも一緒にいって遊んできたんですけど これが本当に身体を使えて おもしろい!ベニヤ板で斜面を滑ったり 相変わらず昭和で健康的な遊びをしてます。名古屋なのにね⤴素敵な空間を見つけてくる子どもたちがスゴイ。

ツタが斜面の命綱になったり 足腰使って ケガして 身体で覚える。みんなで協力し合って作り上げたり、創意工夫したり、自然の中なので自然のものを使って基地を造る。環境保全しながら ゲームやサッカーとは違った非日常な空間に 子どもたちがワクワクしてます。

子どもたちは 元々こういった姿なんだよね。公園はキレイで遊具と砂場とボール遊び禁止。もっと自由に遊びたいよなぁって 秘密基地を作って遊んだオトナは想う。

自然に囲まれた地域で育てるのは理想だけど
制限された中でも のびのび遊べる子どもたちを見ていて この子たちは大丈夫だな、と感じました。

昨日は いのちの授業🌸もあり、オトナ10人。子ども24人!
わが家はパンク寸前でしたが(笑)
みんなキチンと聞けて 自分のいのちが繋がれてきて また繋いでいく立場だということや、カラダやココロの変化していくこと、自分を守ることを学んでいました。
自己肯定が全てだと思います。
子どもたちが 自分を大切にできて 自分の性を受け入れることで、正しいものの分別ができたり、人にも優しくできる。

いのちの授業とご縁がなく そういったことを教えられてない子どもたちも もちろんいます。オトナでも同じ。友達なら伝えてあげられるし、全く無知な いのちの大切さを知らない人に傷付けられたりしないように 女子は正しいことを知って、断る勇気を持つこと。オトナの作った誘惑や危険な罠を見抜くチカラ👀を育てること。

土まみれで のびのび遊んでいる子どもたちを
見ながら この笑顔をオトナがずっと守ってやらなきゃいけない、いのちの授業は長く続けて 常に発信していこうと思いました。

いのちの授業vol.4

03.07
2017

🌸春休み《いのちの授業》の第4回目を企画しました。

親子で大切な“性”や“命”のことに触れて考える時間です。
10歳前後のお子様とお母さんが対象。お子様なしでも参加できます。お子様だけの参加は要相談。

以前もここで書きましたが 5年生男子。いよいよ問題が周りでも出始めてきました。動画の普及で 気になるワードを検索して作り物の性に触れがちな年頃。
いつか分かるからいいんじゃない?と言うにはまだ幼い脳。おもしろ半分で受ける刺激のマヒ。刺激はどんどんエスカレートしていきます。
性行為の低年齢化、デートDV。現実と作り物の分別がつかないまま性だけオトナごっこ。
嫌なのに断れない女子。
あたしたちが子どもの頃以上に 護ってあげないといけない時代です。

まだその年齢に達してないお子さんがいるお母さんも 恥ずかしくて性の話や生理のことが教えられなかったり、商品化された“性”に子ども達が触れる前に “性”ってなにか、今知っておきたいことを テルミー療術師でもあり、助産師のちはる先生にお話ししてもらいます。

“性”の話が普通に話せる親子関係はなんでも話せます。

親がしっかり分かっていないと、その問題にぶつかった時に はぐらかしたり、否定してしまいますもんね。一緒に共有することだけでも 《いのちの授業》は価値ある時間です。

大事なことはとってもシンプル。
性の違い、いのちの不思議。自分が生まれたことの奇跡。みんなのいのちの大切さ。
いのちを育てたお母さんにも改めて伝えたい内容です。

10歳未満には わかりやすく伝えてもらえますので ぜひ親子で参加してみてください。

⭐️3/29(水)10時〜11時半 講義、Q&A
⭐️参加資格→小学生までの子どもと保護者 または保護者のみでも
⭐️もちもの→お昼ごはん(弁当)
親子の方は お子さんが赤ちゃんの頃の写真、母子手帳を持ってきてください。
⭐️参加費→1500円(1家族)
⭐️会場→マッキー邸(駐車場は限りがあるので、近隣にお願いすることもあります)

性の知識

01.24
2017

いのちの授業を何回か開催してきて
その意味や目的がなんであったのか 本当に必要だったな、と意識させられる事柄が続いています。

子どもたちは WiiUなどのゲーム機、タブレットやスマホなど 意外と簡単にそれらから オトナの作り上げた罠にかかる。

ゲームで遊んでるな、という保護者の甘い認識や、いろいろ自立してきて楽になったと子どもたちから目を離してしまうことで 彼らの性や愛をも歪めてしまうという怖さ。
気づいていない保護者の多さ。

最近 5年生男子たちが遊びに来たり 泊まりに来た時 ある子が タブレットでみんなに過激な動画を見せるという事がありました。大地がそれをあたしに伝えることができたのは いのちの授業を受けてきたからです。
その子の親は 自分の子がそんな事をしている事も知らなかったようです。見たくない子はそれに興味を示さないけれど たいていの子はナニ?ナニ?とその世界に引き込まれます。

知らない人と繋がってしまう事だけでなく、
簡単に気になるワードを検索できる便利な時代。ネットやメディアに出てくるものが 本当の事だと思っているオトナだっているのに、子どもの脳はまだ免疫も知識もなく分別する余地がありません。
子どもの頃から性描写やホラー描写が過激なものに触れてしまうことで、アドレナリンが分泌され より過激なものを求めて デートDVや未成年の暴力、性犯罪などに巻き込まれたり 巻き込んだりと今問題になっている事件につながります。
なぜ、映画などでR指定があるのか 考えればわかるのに 今やたいていの家庭で 子どもたちは自由に閲覧できてしまう環境にあります。

そこに保護者は危機管理をもっていなければなりません。自由にさせるのには責任がついています。閲覧制限はしておかなければいけません。

愛されること、愛することを間違ってはいけません。

子どもたちは愛されたい。
愛に満たされていない子どもは 性が早い。
絶対ではないけれど 1人で食事する子どもは寂しさを埋めるために 愛され方を勘違いしてしまい 誰かを求めてしまう。

もちろん成長の過程で性に触れていくのは当たり前のこと。自分のカラダの変化や異性への興味が出るのは ごく自然。
やらしいものとか 汚いものという認識も間違っています。
そういった成長に沿って 性を恥ずかしがらずに正しく伝えることが必要な時代です。保護者が そんなことしてはダメ!そんなこと知らなくていいの!とか そういう動画を見せる子と付き合うな、というのも違います。
興味がない子にも伝えておかなければいけないのは 命の大切さに繋がるから。いじめなどを防ぐチカラにもなります。

男女のカラダの違いを学ぶこと、誰もが生まれて来た大切な命であること、だから相手を大切にすること、責任が取れないのに小さな命を作ってはいけないこと、そのために必要な避妊のこと。悪いオトナから自らを守るには知識が必要です。
オトナが作ったまがい物から守るのもオトナ。なんか皮肉ですが。。

どの子も一緒に育つ大切な宝物✨
健やかにのびのび段階を踏みながら育って欲しい。

保護者が学ぶ大切さを改めて感じて いのちの授業はずっと続けていくべきだと思います。
また春休みにでも企画できればと 助産師のちはるちゃんに相談して 周りの子どもたちや保護者にも伝えて行きたいと思っています。

 

次のページ →